平家重筆懐紙(ふねのうち) たいらのいえしげひつかいし

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 中部 

石川県
鎌倉
紙本墨書
縦30.6㎝ 横50.4㎝
1幅
金沢市立中村記念美術館 石川県金沢市本多町3-2-29
重文指定年月日:20090710
国宝指定年月日:
登録年月日:
金沢市
国宝・重要文化財(美術品)

本懐紙の詠者平家重は、鎌倉時代初期の人物である。歌題を「詠餞遊女和歌(遊女に餞して詠める和歌)」とする一首懐紙「ふねのうちみやこのことやしのふらんつゝみのをとやなみにまかへて」で、遊興の場で遊女への餞別として詠まれた珍しい和歌であり、熊野類懐紙の遺例としても貴重である。その書風はのびやかで、書き直しがみえて酔筆の特徴が窺われる。

作品所在地の地図

関連リンク

平家重筆懐紙(ふねのうち)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原重輔筆懐紙(たちいつる)
春日懐紙(紙背春日本万葉集)
恵慶集〈下/〉
和歌懐紙(熊野類懐紙) 
春日懐紙(紙背春日本万葉集)
ページトップへ