著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ) チャクトウカイシ(サミダレハレ)(ナカニゴカシワバラ・ゴナラテンノウノシンカンアリ)

 

1幅
重要美術品

着到懐紙(着到和歌懐紙)とは、あらかじめ決められた日数と人数に則り、毎日一定数の歌題を詠んだ歌会の懐紙をいう。百日にわたって百首を詠む例が多い。 「五月雨晴」の歌題のこの懐紙には、後柏原天皇、知仁親王(のちの後奈良天皇)が詠んだ歌も見えている。 署名のない「見もなれぬ 日影を吠る 犬もあれや 五月をくらす 雨のはれ間は」の一首が後柏原天皇の歌。また、冒頭の「さみたれの」の一首の作者である「公條」とは、三条西実隆の子の三条西公條のこと。

作品所在地の地図

関連リンク

著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後奈良天皇宸翰詠草(暁荻)
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
後奈良天皇宸翰詠草(初鶯二首)
後鳥羽天皇宸翰熊野懐紙(山河水鳥旅宿埋火)
後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失)
ページトップへ