文化遺産オンライン

詠草

えいそう

概要

詠草

えいそう

/ 室町

後奈良天皇筆

室町時代・16世紀

紙本墨書

1幅

後奈良天皇は第105代の天皇。学問を好み、古典の書写、保存に努めて和学の興隆に寄与した。「梅薫風」以下の歌題に対して、6首の和歌を詠じて、和歌の師三条西実隆に、和歌の指導を受けたものである。異筆の書き込みは実隆が添削した筆跡である。

詠草をもっと見る

後奈良天皇筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天皇 / 実隆 / 三条西 / 柏原

関連作品

チェックした関連作品の検索