後奈良天皇宸翰詠草(暁荻) ゴナラテンノウテンノウシンカンエイソウ(ギョウテキ)

 

1幅

後奈良天皇(一四九六~一五五七)が「暁萩」以下の題で詠んだ歌七首を記し、歌会等に先だって点者に評を求めたいわゆる詠草で、各題の一首目の歌に見える点は点者が加えたもの。点者は最初の「さらに又」の歌をとりわけ高く評価しており、歌の後にわざわざ「殊勝々々」という賞賛の言葉を書き加えている。また「埋火」の第一首末尾の「ける」という書留を「ぬと」に改めている。 後奈良天皇の歌にはしばしば父帝の後柏原天皇が点を加えており、あるいはここに見える点も同帝のものかもしれない。

作品所在地の地図

関連リンク

後奈良天皇宸翰詠草(暁荻)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後奈良天皇宸翰詠草(初鶯二首)
著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)
詠草
詠草

後奈良天皇筆

正親町天皇宸翰和歌懐紙
著到御懐紙 後柏原天皇宸翰
ページトップへ