後土御門天皇宸翰懐紙(関路霞・梅薫風・名所河) ゴツチミカドテンノウシンカンカイシ(セキロカスミ・ウメクンプウ・メイショカワ)

 

1幅
重要美術品

後土御門天皇(一四四二~一五〇〇)は後花園天皇の第一皇子で、母は嘉楽門院信子。名は成仁。皇位を嗣いでまもなく応仁の乱が起こり、下剋上の世相のなか、三十六年間にわたり在位した。御製集 に『紅塵集 』がある。 この三首の和歌懐紙がいつ書かれたものかは定かではないが、ゆったりとしたその筆跡は天皇の穏やかな人となりをよく表す。

作品所在地の地図

関連リンク

後土御門天皇宸翰懐紙(関路霞・梅薫風・名所河)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

後柏原天皇宸翰懐紙(月多遠情・海辺擣衣・松葉不失)
後鳥羽天皇宸翰熊野懐紙(山河水鳥旅宿埋火)
後円融天皇宸翰消息(三陽之令節云々)
著到懐紙(五月雨晴)(中ニ後柏原・後奈良天皇ノ宸翰アリ)
三首和歌懐紙
ページトップへ