Gotsuchimikadotennoshinkankaishi(sekirokasumi Umekumpuu Meishokawa)

後土御門天皇宸翰懐紙(関路霞・梅薫風・名所河)

Details

Gotsuchimikadotennoshinkankaishi(sekirokasumi Umekumpuu Meishokawa)

後土御門天皇宸翰懐紙(関路霞・梅薫風・名所河)

1幅

重要美術品

後土御門天皇(一四四二~一五〇〇)は後花園天皇の第一皇子で、母は嘉楽門院信子。名は成仁。皇位を嗣いでまもなく応仁の乱が起こり、下剋上の世相のなか、三十六年間にわたり在位した。御製集 に『紅塵集 』がある。 この三首の和歌懐紙がいつ書かれたものかは定かではないが、ゆったりとしたその筆跡は天皇の穏やかな人となりをよく表す。

Related Works

Search items related to work chosen