後西天皇宸翰懐紙(さほ姫の) ゴサイテンノウシンカンカイシ(サホヒメノ)

画像の利用条件等に関しては、登録館へお問い合わせください。

 

1幅
重要美術品

後西天皇(1637~85)は、後水尾天皇の第七皇子で、名は良仁(ながひと)。和歌に長じた天皇として知られる。また、その書は父帝の後水尾天皇の風をよく引き継ぎ、流麗にして雅味に富む。「さほ姫の」で始まるこの一首懐紙も、空白部分を巧みにいかした文字の配置に、リズミカルな墨継ぎの墨の濃淡と、隅々にまで細やかな心遣いが行き届いたものとなっている。

作品所在地の地図

関連リンク

後西天皇宸翰懐紙(さほ姫の)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

正親町天皇宸翰和歌懐紙
霊元天皇宸翰和歌(詠梅近聞鴬)
後鳥羽天皇宸翰熊野懐紙(山河水鳥旅宿埋火)
和歌懐紙「亀万年友」
後西天皇宸翰御懐紙(詠春動物和歌)
ページトップへ