文化遺産オンライン

後西天皇宸翰懐紙(さほ姫の)

ゴサイテンノウシンカンカイシ(サホヒメノ)

作品概要

後西天皇宸翰懐紙(さほ姫の)

ゴサイテンノウシンカンカイシ(サホヒメノ)

1幅

重要美術品

後西天皇(1637~85)は、後水尾天皇の第七皇子で、名は良仁(ながひと)。和歌に長じた天皇として知られる。また、その書は父帝の後水尾天皇の風をよく引き継ぎ、流麗にして雅味に富む。「さほ姫の」で始まるこの一首懐紙も、空白部分を巧みにいかした文字の配置に、リズミカルな墨継ぎの墨の濃淡と、隅々にまで細やかな心遣いが行き届いたものとなっている。

後西天皇宸翰懐紙(さほ姫の)をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

天皇 / 懐紙 / 宸翰 / 和歌

関連作品

チェックした関連作品の検索