文化遺産オンライン

四代目松本幸四郎と芸者

よだいめまつもとこうしろう げいしゃ

作品概要

四代目松本幸四郎と芸者

よだいめまつもとこうしろう げいしゃ

絵画 / 江戸

鳥居清長筆

江戸時代・18世紀

細判 錦絵

1枚

重要美術品

清長の制作で、舞台を離れた役者の日常の姿を描いた細判作品は12図確認されており、本図は雪の積もった水辺を歩く四代目松本幸四郎と芸者。シリーズ中の四代目幸四郎と四代目岩井半四郎が天明4年(1784)10月に上京することから、その少し前の刊行とされています。

四代目松本幸四郎と芸者をもっと見る

鳥居清長筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

代目 / 幸四郎 / しろい / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索