Kusetsuzodoguu

屈折像土偶

Details

Kusetsuzodoguu

屈折像土偶

考古資料 / 青森県

出土地:伝青森県

縄文時代 前20~前10世紀

高10.3 幅7.1 奥行8.3

1点

土偶は直立したものが主体であるが、縄文時代後期から晩期の東北地方では、本例のように座ったような姿勢をとる土偶も少数知られている。その姿勢は、祈りの姿勢、休憩姿勢、座って出産する座産の姿勢ともいわれており、縄文時代の土偶祭祀を考える上で大変興味深い。本品は、体部を球形に表現しており、屈折像土偶の中でもデフォルメが著しい。

Search by Kusetsuzodoguu

Search by 九州国立博物館

Keywords

土偶 / 縄文 / Jomon / Clay

Related Works

Search items related to work chosen