銅ラスター彩文字文二彩平鉢 どうらすたーさいもじもんにさいひらばち

考古資料 

12~13世紀 イラン・イルハーン朝時代
陶器
径31.5 高7.5 高台径12.5
1口

淡褐色の胎土を用いた、高台付近から緩やかな曲線を描きながら大きく開き、口縁部は鰐縁を呈する平鉢。高台内まで全面に白化粧土を掛けたあと白釉を施して高火度焼成をしている。続いて硫化銅を含む絵具で、口縁部を含む内面全体に文様と、一見読めそうだが実際には読めない倣文字文を描いている。口縁部外側には、半円形の文様を繰り返し描き、口縁部に向かう区画線と楕円形文を繰り返している。再び還元炎焼成することで、上絵付けされた文様部分が金属光沢を獲得している。

作品所在地の地図

関連リンク

銅ラスター彩文字文二彩平鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄地文字文小鉢
ミナイ手青釉地馬上人物文鉢
三彩刻線文鉢
ミナイ手人物文鉢
ラスター彩人物文子持壺
ページトップへ