三彩花文鉢 さんさいかもんはち

考古資料 

10~11世紀 イラン・サーマーン朝時代
陶器
径18.5 高7.5 底径9.5
1口

淡褐色の胎土を用いた、腰から緩やかに曲線を描きながら立ち上がる鉢。底部近くまで全面に白化粧土を掛けている。底部付近まで、白化粧土を掛け、透明釉も施している。見込みには、紫色、黄色、緑色などの絵具で大振りの植物文が、また口縁付近には雷文のような文様が繰り返されている。口縁外面近くには葉文が配されている。

作品所在地の地図

関連リンク

三彩花文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黄地三彩花文鉢
黄地文字文小鉢
三彩木葉文鉢
鳥獣文鉢
三彩刻線文鉢
ページトップへ