文化遺産オンライン

白地黒色花文小鉢

しろじこくしょくかもんこばち

概要

白地黒色花文小鉢

しろじこくしょくかもんこばち

考古資料 / その他アジア

制作地:イラン・ニシャプール

イラン・サーマーン朝時代 10~11世紀

陶器

径11.0 高4.0 底径4.5

1口

淡褐色の胎土を用い、底部から緩やかな曲線を描いて立ち上がる小鉢で、口縁部は少し外反している。底部に至るまで全面に白化粧土を掛けているが、透明釉は内面にのみ施されている。口縁部に施された茶系の釉は一部剥落している。内面には、黒絵の具で、四弁文、楕円形文と点文の組み合わせを描いている。

白地黒色花文小鉢をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

イラン / 胎土 / サーマーン / 絵具

関連作品

チェックした関連作品の検索