白地二彩輪文鉢 しろじにさいりんもんはち

考古資料 

10世紀 イラン・サーマーン朝時代
陶器
径20.5 高7.0 底径8.0 
1口

淡褐色の胎土を用いた、大きく開く軽い鉢。腰のあたりまで白化粧土を掛けている。内面上下を巡る明るい褐色の色帯2条のうち、上方のものには、曲線文を尖ったもので刻んでおり、胎土が見えている。口縁内側には濃褐色の点文の帯が巡っている。明るい褐色の色帯の間には、濃褐色の絵具で、幾何文が描かれている。口縁外側には、濃褐色の短い曲線が繰り返されている。高台近くまで透明釉が施されている。

作品所在地の地図

関連リンク

白地二彩輪文鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

緑黄地青褐色文大鉢
三彩花文鉢
鳥獣文鉢
黄地三彩花文鉢
白地黒色花文小鉢
ページトップへ