文化遺産オンライン

ラスター彩人物文平鉢

らすたーさいじんぶつもんひらばち

作品概要

ラスター彩人物文平鉢

らすたーさいじんぶつもんひらばち

考古資料

出土地:イラン・レイ

イラン・セルジューク朝 12世紀

陶器

口径19.0 底部径7.0 高5.5 底部高2.0

1口

口縁端部が平坦面になり、高い高台を持つ。見込み中央にある13葉の枠内で向かい合って坐る女性らしき2名は、ともに帽子を被り、両手を両膝に置いているようである。枠外側には、倣文字文が描かれている。肩部から外周部にかけての文様帯2段のうち、内側では縦線と幾何学文が繰り返されるのに対し、外側では絵具の帯を尖ったものでひっかいて倣文字文(文字が文様化したもの)を記している。灰褐色の胎土を用いて器形を整え、高台付近にまで白釉を掛け高火度焼成後、銅などの酸化物を含む絵具で人物図などを描き、再度低火度で還元焼成している。その結果金属的な光沢を呈しており、イスラーム陶器特有のラスター彩陶器の典型作といえる。

ラスター彩人物文平鉢をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

イラン / 絵具 / 焼成 / ラスター

関連作品

チェックした関連作品の検索