Shirojichamojimonobachi

白地茶文字文大鉢

Details

Shirojichamojimonobachi

白地茶文字文大鉢

考古資料 / その他アジア

制作地:中央アジアまたはイラン

9~10世紀

陶器

径31.5 底径12.5 高9.2

1口

淡紅色の胎土を用い、底面を除く全面に白化粧土を掛けた大型の鉢。見込み中央には鳥文、実際には読めない倣文字文を口縁部内側3箇所に、黒褐色の絵具で描いている。外面に文様はなく、底面はほぼ平らなままで、高台を作り出していない。全体に黄色みを帯びた透明釉を施しており、口縁部には補修が多く認められる。地元で産出す胎土の淡紅色を目立たなくするための白化粧土掛けは、中国製磁器の透明感のある白へのあこがれを反映したものと考えられている。

Search by Shirojichamojimonobachi

Search by 九州国立博物館

Keywords

/ / 化粧 / 透明

Related Works

Search items related to work chosen