白銅蓮池文磬 はくどうれんちもんけい

金工 / 平安 / 奈良県 

出土地:奈良県吉野郡天川村金峯山出土
平安時代・12世紀
白銅
1面
重要文化財

 奈良県金峰山から出土したもの。錫を多く含んだ銅製で、銀色に光る。八葉複弁の撞座を中心に、左右に蓮池から茎を出す蓮華の花、葉を、自由に描いている。この図様は治承2年(1178)頃に書写された愛知・七寺の一切経の経櫃中箱の蒔絵とも酷似する。
ルビ:きんぷせん、つきざ

作品所在地の地図

関連リンク

白銅蓮池文磬チェックした作品をもとに関連する作品を探す

線刻蔵王権現鏡像
千手観音懸仏
線刻水分三神鏡像
金銅蔵王権現像
金山彦僉御正体
ページトップへ