御當家御軍役書付 ごとうけごぐんやくかきつけ

その他の画像全4枚中4枚表示

文書・書籍 / 安土・桃山 

文禄5年(1596)/1596
縦14.3×横22.2
1冊

筑後柳川藩主の立花宗茂が、豊臣秀吉の命を受けて文禄の役において行った軍役の内容を書き留めたもの。この時、宗茂ならびに実弟高橋主膳正(統増)に従った150石以上の家臣118人の名前と総人数(2350人)、昇・鉄砲・弓・槍の数などが記されている。表紙の日付から文禄5年(1596)にまとめられたもので、秀吉が決定した朝鮮半島への再出兵(慶長の役)に関連したものとみられる。朝鮮出兵時の立花家に関する軍役の状況や、文禄年間頃の同家家臣団の構成が分かる史料である。

作品所在地の地図

関連リンク

御當家御軍役書付チェックした作品をもとに関連する作品を探す

北政所宛豊臣秀吉自筆書状
鍋島直茂宛て豊臣秀吉朱印状
豊臣秀吉朱印状
豊臣秀吉朱印状〈慶長三年五月三日/加藤左馬助宛〉
壬辰倭乱図屏風
ページトップへ