文化遺産オンライン

厳島遊楽図屏風

いつくしまゆうらくずびょうぶ

作品概要

厳島遊楽図屏風

いつくしまゆうらくずびょうぶ

絵画 / 江戸

筆者不詳

江戸時代・17世紀

紙本金地着色

各154.8×359.6

6曲1双

厳島神社を中心に、厳島を北側からみた景色を連続した一双の画面に描いたもので、多くの人物の遊楽の様子がみてとれる。舟木家本「洛中洛外図屏風」(当館所蔵)など近世初期風俗画と共通する図柄も用いられており、図様継承を考える上でも貴重な作品である。 

厳島遊楽図屏風をもっと見る

筆者不詳をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / 洛外 / 洛中 /

関連作品

チェックした関連作品の検索