般若菩薩像 はんにゃぼさつぞう

絵画 / 鎌倉 

鎌倉時代・13世紀
絹本着色
104.5×58.8
1幅
重要文化財

仏の悟りの智慧である般若を擬人化した菩薩像。仏の体の一部や特性を擬人化するのは密教の特徴の一つで、その意味で非常に密教的な菩薩である。6本の腕は悟りに至るための6つの実践徳目である六波羅蜜の表したものという。現存する本格的単独像は本図が唯一と思われる。

作品所在地の地図

関連リンク

般若菩薩像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

両界曼荼羅図
大日如来坐像
絹本着色 子島荒神像
虚空蔵菩薩像
千手観音像・木造観音立像
ページトップへ