瑠璃地金彩唐草文仙盞瓶 るりじきんさいからくさもんせんさんぴん

その他の画像全4枚中4枚表示

陶磁 / 明治 

四代高橋道八作
明治6年(1873)
磁製
高27.9 口径5.8 底径8.6
2口
銘文:「大日本道八製」(染付銘)

明治8年(1875)、京都の画家、工芸家から明治6年のウィーン万博出品作品が寄贈された。中国陶磁に取材したこの作品もそのひとつ。三代高橋道八+たかはしどうはち+は仁阿弥+にんなみ+道八の長男で、明治7年に四代高橋道八に家督を譲るまでの幕末から明治初期の激動期に活躍した。

作品所在地の地図

関連リンク

瑠璃地金彩唐草文仙盞瓶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付松霊芝文高杯
染付松霊芝文高杯

偕楽園焼 仁阿弥道八作 野呂介石画

色絵阿蘭陀小皿
色絵阿蘭陀小皿

二代道八(仁阿弥道八)

色絵桜樹図透鉢
色絵桜樹図透鉢

仁阿弥道八作

黒楽鶴亀文茶碗
黒楽鶴亀文茶碗

仁阿弥道八作

色絵桜楓文木瓜形鉢
色絵桜楓文木瓜形鉢

仁阿弥道八作

ページトップへ