板碑

考古資料 / 鎌倉  南北朝  室町 

出土地:下野国穂積村発掘
鎌倉~室町時代・14世紀
緑泥片岩
52.8*18.5*2.2
1枚

現状では身の上部に阿弥陀如来の種子と蓮座が彫られているのみで銘文がありません。しかし、蓮座の下方に漆の痕跡があり、もとは金箔を貼った金文字で銘文が存在していた可能性があります。  

作品所在地の地図

関連リンク

板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

板碑
板碑
板碑
板碑
板碑
ページトップへ