板碑

考古資料 / 南北朝 / 茨城県 

出土地:茨城県古河市立崎 頼政廓跡出土
南北朝時代・永徳2年(1382)
緑泥片岩
高51.6、上部幅14.9、下部幅15.3、上部厚1.5、下部厚1.8
1枚

頂部は三角形を呈しますが、2条線はありません。蓮座上に阿弥陀如来の種子キリークを彫り、下方に紀年銘を刻んでいます。年号の2字目は異体字ですが、「徳」と考えられます。「永徳」で正しいとすれば、北朝年号です。

作品所在地の地図

関連リンク

板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

板碑
板碑
板碑
板碑
板碑
ページトップへ