千代(米川)の板碑 ちよ よねがわ のいたび

その他の画像全3枚中3枚表示

その他 / 鎌倉 / 中部 

長野県
鎌倉中後期
緑泥片岩の板状の石碑
石碑表面上部中央に阿弥陀如来の「キリーク」、その下向かって右に観音菩薩の「サ」、勢至菩薩「サク」が刻まれており、阿弥陀三尊であることを示している。…
高さ 99.5㎝  幅上 31㎝  厚さ 3㎝
重量 22.5㎏
1基
長野県飯田市追手町2丁目655-7
飯田市指定
指定年月日:20120321
飯田市
有形文化財(美術工芸品)

昭和6年、村役場建設に際し地中から発掘され、土地所有者の墓地に設置、平成24年1月飯田市に寄贈、現在飯田市美術館に展示されている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

千代(米川)の板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

板碑
飯田城桜丸のイスノキ
菱田春草筆「鎌倉時代闘牛の図」
菱田春草筆 「春秋」
菱田春草筆 「夜桜」
ページトップへ