板碑

考古資料 / 室町 

室町時代・康正3年(1457)
緑泥片岩
154.3*37.7*3.4
1枚

上半部に阿弥陀三尊の種子と日月、天蓋を、下半部に六地蔵、三具足(前机の上に燭台・香炉・花瓶)を描く装飾性豊かな板碑。銘文に「八月廿三日」とあるので、この月待ち供養は二十三夜待ちの講中と考えられます。東京国立博物館が所蔵する最大の板碑です。

作品所在地の地図

関連リンク

板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿弥陀三尊板碑
板碑残缺
板碑
厳照寺の板碑群・石幢
板碑(阿弥陀三尊種子)
ページトップへ