阿弥陀三尊板碑

考古資料 / 室町 

室町時代・応仁元年(1467)
緑泥片岩
145.4*39.1*3
1枚

身の上半部に阿弥陀如来の立像と脇侍の観音菩薩・勢至菩薩を描き、その上に日月と天蓋を、下に三具足を描いています。紀年銘に「廿三日」とあるので、二十三夜待ちの月待ち供養として立てられた可能性があります。  

作品所在地の地図

関連リンク

阿弥陀三尊板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

板碑
板碑残缺
阿弥陀如来および両脇侍立像(善光寺式)
押出仏(観音菩薩立像)
旧荘厳寺木造阿弥陀三尊立像
ページトップへ