板碑

考古資料 / 鎌倉 / 茨城県 

出土地:茨城県古河市立崎 頼政廓跡出土
鎌倉時代・徳治2年(1307)
緑泥片岩
92.9*24.5*3.5
1枚

紀年銘の左右に「今此三界 皆是我有 其中衆生 悉是吾子」という、『法華経』に由来する有名な偈文(げもん)を刻んでいます。偈文は、経典あるいは経典の解説書から抜粋された仏の功徳(くどく)をほめたたえる詩文です。なお、「徳治二十六」は「徳治二年十月六日」のことです。

作品所在地の地図

関連リンク

板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

板碑残缺
板碑
板碑
板碑
板碑
ページトップへ