文化遺産オンライン

法華経 巻第八 延慶三年十月廿三日伏見天皇宸筆奥書

ホケキョウ マキダイ8 エンケイ3ネンシ10ガツ23ニチフシミテンノウシンピツオクガキ

作品概要

法華経 巻第八 延慶三年十月廿三日伏見天皇宸筆奥書

ホケキョウ マキダイ8 エンケイ3ネンシ10ガツ23ニチフシミテンノウシンピツオクガキ

8巻

重要文化財

伏見天皇が高山寺の恵琳に命じて書写させた『法華経』八巻。巻第八にある延慶三年(1310)十月廿二日付けの伏見天皇宸筆の奥書によれば、その父帝後深草天皇(嘉元二年<1304>七月十六日崩御)の菩提を弔うために書写せしめたとある。巻第二の軸付紙に「徳治三年<1308>四月十六日奉書写了」とあることから、これより少し前から書写が始められたと思われる。 当初の表紙には伏見天皇宸筆の外題があったが、現在は失われている。

関連作品

チェックした関連作品の検索