伏見天皇宸翰唯識三十頌 フシミテンノウシンカンユイシキサンジュウショウ

その他の画像全2枚中2枚表示

 

縦:83.8cm 横:52cm
1幅
重要文化財

正和三年(一三一四)伏見天皇は、二百余日にわたって唯識三十頌を書写しこれを春日社に奉納したが、この一幅はその一部と考えられる。天皇の篤信を示す好史料。のち文明五年(一四七三)に至り、末尾に一条兼良がその宸筆たることを明記している。

作品所在地の地図

関連リンク

伏見天皇宸翰唯識三十頌チェックした作品をもとに関連する作品を探す

仏説観弥勒菩薩上生兜率天経
伏見天皇宸翰唯識三十頌
伏見天皇宸翰御歌集〈春秋/七十四首(広沢切)〉
花園天皇宸翰御消息〈後二月廿四日(御花押)/〉
大手鑑〈(八十葉)/有栖川宮伝来〉
ページトップへ