板碑

考古資料 / 室町 

室町時代・文安2年(1445)
緑泥片岩
48.4*15.8*2.3
1枚

縦横の割付線が残っています。枠線は下辺がありません。種子と銘文の文字に漆が付着していた痕跡があり、もとは金箔が貼ってあったものと考えられます。 

作品所在地の地図

関連リンク

板碑チェックした作品をもとに関連する作品を探す

板碑
板碑
板碑
板碑
板碑
ページトップへ