文化遺産オンライン

三彩合子

さんさいごうす

作品概要

三彩合子

さんさいごうす

陶磁 / / 中国

制作地:中国

唐時代・8世紀

総高2.3 口径3.4 底径2.7

1合

化粧道具でしょうか、愛らしく小さな形ながら、甲が平らで精緻な作りをしています。蝋抜きと推測される技法で白の斑文を表わし、緑と褐色の釉を掛け流しています。白抜きの部分は甲と側面で大きさが異なり、斑に強弱がみられます。

三彩合子をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

三彩 / / Tang /

関連作品

チェックした関連作品の検索