文化遺産オンライン

漁村秋月

ぎょそんしゅうげつ

作品概要

漁村秋月

ぎょそんしゅうげつ

絵画 / 明治

柴田是真筆

明治16年(1883)

絹本墨画淡彩

101.8×36.0

1幅

是真は、幕末から明治初期において蒔絵師としても絵師としても活躍した。ウィーン万国博覧会をはじめ、国内外の様々な博覧会で数々の賞を受けている。是真は、蒔絵の技法を漆絵に発展させたが、本図のような俳趣のある絵にもその筆法が生かされている。   

漁村秋月をもっと見る

柴田是真筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 柴田 / Shibata

関連作品

チェックした関連作品の検索