文化遺産オンライン

烏鷺蒔絵菓子器

うろまきえかしき

作品概要

烏鷺蒔絵菓子器

うろまきえかしき

漆工 / 明治

柴田是真作

明治時代・19世紀

木製漆塗

1合

 柴田是真(1807~91)は江戸両国に生まれ、11才で印籠蒔絵師古満寛哉のもとに入門した。明治6年(1873)ウィーン万国博覧会に蒔絵額を出品して進歩賞牌を受賞したのを始め、内外の博覧会で活躍している。晩年には帝室技芸員に任ぜられた名工である。  

烏鷺蒔絵菓子器をもっと見る

柴田是真作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / / Meiji / 柴田

関連作品

チェックした関連作品の検索