文化遺産オンライン

源氏香短冊散蒔絵料紙硯箱

げんじこうたんざくちらしまきえりょうしすずりばこ

作品概要

源氏香短冊散蒔絵料紙硯箱

げんじこうたんざくちらしまきえりょうしすずりばこ

漆工 / 明治

川之辺一朝作

明治36年(1903)

1具

 川之辺一朝(かわのべいっちょう)は江戸浅草に生まれ、幕末から明治時代にかけて活躍した蒔絵師。明治期漆芸界の重鎮の一人であり、帝室技芸員に任ぜられている。この料紙硯箱は一朝晩年の作であり、円熟のきわみともいうべき上品で落ち着いた趣をみせている。

源氏香短冊散蒔絵料紙硯箱をもっと見る

川之辺一朝作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / / 硯箱 / 技芸

関連作品

チェックした関連作品の検索