文化遺産オンライン

梅蒔絵硯箱

うめまきえすずりばこ

作品概要

梅蒔絵硯箱

うめまきえすずりばこ

漆工 / 明治 / 大正

白山松哉作

明治~大正時代・19~20世紀

1合

白山松哉(しらやましょうさい)は江戸の人。幼い頃から蒔絵(まきえ)・螺鈿(らでん)・彫漆(ちょうしつ)・象嵌(ぞうがん)などさまざまな技術を学んだ。作風は繊細をきわめ、精繊な研出(とぎだし)蒔絵の技術で知られる。東京芸大の前身である東京美術学校の教授や、帝室技芸員に任ぜられるなど、近代を代表する漆芸家の一人である。

梅蒔絵硯箱をもっと見る

白山松哉作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / / 硯箱 / 東京

関連作品

チェックした関連作品の検索