Enoshima Island

Details

Enoshima Island

lacquer work / Meiji

By Ikeda Taishin (1825–1903)

Meiji era, 1893

Wood with [maki-e] lacquer

1面

池田泰真(1825~1903)は、明治期漆芸の大家・柴田是真に漆芸を学んだ。国内外の博覧会に出品、受賞して、帝室技芸員に任ぜられる。この額は明治26年(1893)のシカゴ万博に出品された泰真の代表作で、遠近法により写実的な空間表現をとる。金銀の高蒔絵を駆使して、江之島を立体的に表現している。

Related Works

Search items related to work chosen