稲穂雀・麦雲雀蒔絵額 いなほすずめ・むぎひばりまきえがく

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 明治 

清水嘉門作
明治14年(1881)頃
2面

清水嘉門(しみずかもん)は幕末明治期の金沢の蒔絵師だが、詳細な事歴は不明である。明治14年(1881)の第二回内国勧業博覧会にこの蒔絵額を出品し、褒状を受けている。加賀藩主前田家の御用を勤めた清水九兵衛(?~1688)の流れを汲むともいい、明治18年(1885)頃に70歳で没したという説がある。

作品所在地の地図

関連リンク

稲穂雀・麦雲雀蒔絵額チェックした作品をもとに関連する作品を探す

芙蓉薔薇鶉蒔絵額
芙蓉薔薇鶉蒔絵額

日本蒔絵合資会社製

藤鳥蒔絵螺鈿硯箱
藤鳥蒔絵螺鈿硯箱

渡辺桃船作

花卉木画額
花卉木画額

西村荘一郎作

ガラス七宝脚付杯
ガラス七宝脚付杯

竹内忠兵衛作

第二回上野内国勧業博覧会ノ図
ページトップへ