藤鳥蒔絵螺鈿硯箱 ふじとりまきえらでんすずりばこ

その他の画像全2枚中2枚表示

漆工 / 明治 

渡辺桃船作
明治6年(1873)
1合

渡辺桃船(わたなべとうせん)は東京芝に住み、松風斎(しょうふうさい)桃船と号した。松風斎了甫(りょうほ)に蒔絵を学ぶ。明治11年(1878)に精工社(せいこうしゃ)に入り、輸出品の製作に従事した。明治6年(1873)のウィーン万博、明治14年(1881)の第二回内国勧業博覧会などに出品した。

作品所在地の地図

関連リンク

藤鳥蒔絵螺鈿硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

第二回上野内国勧業博覧会ノ図
稲穂雀・麦雲雀蒔絵額
八橋蒔絵螺鈿硯箱〈尾形光琳作/〉
銅鷲置物〈鈴木長吉作/〉
牙彫小児愛鳩像
牙彫小児愛鳩像

朝日明堂作

ページトップへ