文化遺産オンライン

牙彫小児愛鳩像

げちょうしょうにあいきゅうぞう

作品概要

牙彫小児愛鳩像

げちょうしょうにあいきゅうぞう

漆工 / 明治

朝日明堂作

明治25年(1892)

1基

作者の朝日明堂(あさひめいどう)(生没年不詳)は、東京下谷に住み、内国勧業博覧会やパリ万博など明治期の内外の博覧会に出品し、受賞もしている。この作品は鳩の羽毛、猫の毛並み、少女の髪の一筋一筋を精細に彫り出しながら、鳩を抱き上げて猫から守ろうとする、子供の愛らしい姿を表わす。

牙彫小児愛鳩像をもっと見る

朝日明堂作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 博覧 / 彫る /

関連作品

チェックした関連作品の検索