文化遺産オンライン

牙彫猫置物

げちょうねこおきもの

作品概要

牙彫猫置物

げちょうねこおきもの

漆工 / 明治

岡田知一作

明治時代・19~20世紀

牙彫

1個

作者の岡田知一(生没年不詳)は、明治時代後期に活動した牙彫家。東京彫工会の名簿から谷中に住んでいたこと、明治末期に同会に所属していたことが知られるが、詳しい事績は全く分からない。ここでは毛並みを精細に彫り表わしながら、眠る母猫の傍らで戯れる子猫を静と動の対比で表わす。

牙彫猫置物をもっと見る

岡田知一作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 彫る / 置物 / Meiji

関連作品

チェックした関連作品の検索