牙彫バナナ棚飾 げぼりばななたなかざり

その他の画像全3枚中3枚表示

その他  工芸 / 明治 / 日本  九州  佐賀県 

中川竜英
なかがわりゅうえい
明治時代末
象牙・色染
全長14.5cm 高さ6cm
1基
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

一筋の皮をむいた、やや熟れかけたバナナの置物。精緻な彫技と色染により、変色した皮の部分や白い果実の繊維の通った質感などを見事に表現している。台は総体溜塗、桜花流水模様を金平蒔絵であらわす。象牙材に着色をほどこすようになったのは明治40年代以降で、実物と見まがうばかりの果物や花卉の置物が隆盛した。本作はそうした写実描写の粋をきわめた置物のひとつ。作者の中川竜英は明治39〜43年にかけて東京彫工会牙角部の会員であった。

作品所在地の地図

関連リンク

牙彫バナナ棚飾チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牙彫鹿背仙翁置物
牙彫双鶏置物
牙彫猿の桶作り置物
牙彫鷹置物
牙彫鷹置物

金田兼次郎作

牙彫猫置物
牙彫猫置物

岡田知一作

ページトップへ