牙彫猿の桶作り置物 げぼりさるのおけづくりおきもの

その他の画像全7枚中7枚表示

その他 / 明治 / 佐賀県 

静玉
明治時代
象牙
1基
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

大正2年(1913)12月2日に鍋島家11代・侯爵鍋島直大夫人栄子が昭憲皇太后より拝領した牙彫置物。擬人化された猿が身の丈よりも大きな桶作りに精を出すさまをあらわしている。桶の側面に底板をはめるための溝を削る親猿と、その傍らで鉋屑で遊ぶ子猿、桶の周囲には道具箱や槌を散らしている。

作品所在地の地図

関連リンク

牙彫猿の桶作り置物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

牙彫鹿背仙翁置物
徴古館開館式式辞
雛段飾り(鍋島栄子所用)
梨子地琵琶形香合
牙彫バナナ棚飾
牙彫バナナ棚飾

中川竜英

ページトップへ