Fujiwara no Kamatari

Details

Fujiwara no Kamatari

lacquer work / Meiji

By Shimamura Shunmei (1855-96)

Dated 1892 (Meiji 25)

Ivory

1基

島村俊明(しまむらしゅんめい)(1855~1896)は浅草の宮彫師の次男に生まれ、16歳のころ両国回向院の欄間に十六羅漢を彫って有名となる。木彫に優れた技術を持っていたが、のちに牙彫に転じ、歴史上の人物を主題とした作品を制作して好評を博した。内国勧業博覧会で受賞するなど、明治の牙彫全盛期の一翼を担った。

Related Works

Search items related to work chosen