文化遺産オンライン

牙彫藤原鎌足像

げちょうふじわらかまたりぞう

作品概要

牙彫藤原鎌足像

げちょうふじわらかまたりぞう

漆工 / 明治

島村俊明作

明治25年(1892)

1基

島村俊明(しまむらしゅんめい)(1855~1896)は浅草の宮彫師の次男に生まれ、16歳のころ両国回向院の欄間に十六羅漢を彫って有名となる。木彫に優れた技術を持っていたが、のちに牙彫に転じ、歴史上の人物を主題とした作品を制作して好評を博した。内国勧業博覧会で受賞するなど、明治の牙彫全盛期の一翼を担った。

牙彫藤原鎌足像をもっと見る

島村俊明作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 彫る / 博覧 /

関連作品

チェックした関連作品の検索