Hawk

Details

Hawk

lacquer work / Meiji

By Kaneda Kenjiro (1847-1914)

Dated 1892 (Meiji 25)

Ivory

高50.0

1基

作者の金田兼次郎(かねだけんじろう)は東京浅草に住み、牙彫家および牙彫商として活躍した。内外の博覧会に出品、受賞を重ね、日本美術協会や東京彫工会の役員、審査委員などの重職を歴任している。ここでは羽毛の一枚一枚を精巧に彫り出しながら、鷹が古木に降り立つ一瞬を見事に捉えている。

Search by Hawk

Search by By Kaneda Kenjiro (1847-1914)

Search by Tokyo National Museum

Keywords

Meiji / 彫る / /

Related Works

Search items related to work chosen