Woman and Child

Details

Woman and Child

lacquer work / Meiji

By Soma Kuninosuke

Dated 1892 (Meiji 25)

Ivory

1基

作者の相馬那之助(そうまくにのすけ)(生没年不詳)は東京浅草に住み、仙齢と号した。生涯の事績は審らかではないが、明治23年(1890)に著書『象牙彫刻法』を上梓している。間着に打掛をまとった武家の女性と脇差を指した少年の像で、着物や頭髪、身体のプロポーションなどに根付と共通する表現が認められる。

Search by Woman and Child

Search by By Soma Kuninosuke

Search by Tokyo National Museum

Keywords

/ Meiji / 彫る /

Related Works

Search items related to work chosen