文化遺産オンライン

牙彫髑髏置物

げちょうどくろおきもの

作品概要

牙彫髑髏置物

げちょうどくろおきもの

漆工 / 明治

旭玉山作

明治14年(1881)

1個

 旭玉山(あさひぎょくざん)は独学で彫刻を学び、医学者の松本良順らから人体骸骨の製作指導を受け、象牙彫刻による髑髏などの造形を得意とした。この作品は明治政府が編纂した図案集『温知図録』にも掲載されおり、明治14年(1881)の第二回内国勧業博覧会では名誉賞牌を受賞している。    

牙彫髑髏置物をもっと見る

旭玉山作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

博覧 / 内国 / / 勧業

関連作品

チェックした関連作品の検索