文化遺産オンライン

秋景蒔絵料紙箱

しゅうけいまきえりょうしばこ

作品概要

秋景蒔絵料紙箱

しゅうけいまきえりょうしばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

1合

箱の外側に、蒔絵の技法を用いて月下の水辺に菊・萩・桔梗・女郎花などの秋草が咲き乱れる様子を描く。月の部分には金のごく薄い板を丸く切り抜いて貼り付けているが、蒔絵表現において金色の月は珍しく、ふつうは銀色で表す。同意匠の硯箱と一具をなす。

秋景蒔絵料紙箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 硯箱 / / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索