槙鹿蒔絵螺鈿料紙箱・硯箱 マキシカマキエラデンリョウシバコ・スズリバコ

その他の画像全5枚中5枚表示

漆工 

1具

硯箱には観世水の傍らに憩う雌雄の鹿、料紙箱には片身替り風の土坡に槙と鹿が、蒔絵、錫板、螺鈿で表されている。料紙箱蓋裏には銀板による大きな月を背景に槇が描かれ、古今和歌集「秋の月山辺さやかに照らせるは落つる紅葉の数をみよとか」の文字が散らされている。 作者、永田友治については未詳だが、光琳の作風を慕ってその妙を得た、正徳、享保の頃の人とされている。永田友治の銘や印をもつ作品は現在かなりの数があるが、この一具のような大作はほとんどなく、本品を友治の代表作としてよいだろう。

作品所在地の地図

関連リンク

槙鹿蒔絵螺鈿料紙箱・硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

槙鹿蒔絵螺鈿料紙箱
槙鹿蒔絵螺鈿硯箱
波千鳥蒔絵提重
波千鳥蒔絵提重

永田友治作

豆兎蒔絵螺鈿硯箱
豆兎蒔絵螺鈿硯箱

伝永田友治作

柏木菟蒔絵料紙箱及春日野蒔絵硯箱〈小川破笠作/〉
ページトップへ