文化遺産オンライン

豆兎蒔絵螺鈿硯箱

まめうさぎまきえらでんすずりばこ

作品概要

豆兎蒔絵螺鈿硯箱

まめうさぎまきえらでんすずりばこ

漆工 / 江戸

伝永田友治作

江戸時代・19世紀

縦26.0 横18.4 高14.7

1合

蓋表から身の側面にかけて、金の高蒔絵に螺鈿、鉛の厚い板などを用いて豆の葉と実を表わす。蓋裏には笹に菊をあしらい、兎を大きく描いている。大胆な装飾材料の用法や文様構成に、作者と伝える永田友治が私淑した光琳に連なる蒔絵の特色を看て取ることができる。(竹内奈美子氏執筆)

豆兎蒔絵螺鈿硯箱をもっと見る

伝永田友治作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / 友治 /

関連作品

チェックした関連作品の検索