叢梨地牡丹唐草向鶴紋散蒔絵調度 むらなしじぼたんからくさむかいつるもんちらしまきえちょうど

その他の画像全39枚中16枚表示

漆工 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代/18世紀
36種
九州国立博物館 福岡県太宰府市石坂4-7-2
国 (文化庁)

婚礼儀式に際して製作された婚礼調度である。大小様々な36種の道具が全て同文様、同技法で飾られている。黒漆塗の上に金と青金の平蒔絵で牡丹唐草を描き、金平蒔絵による向鶴紋が散らされている。金粉をふんだんに用いた華やかな仕上げである。

黒棚・厨子棚・角赤手箱・十二手箱・元結箱・料紙箱・硯箱・文箱(大・小)・短冊箱・香炉箱・色紙箱・香枕・炭団箱・沈箱・香盆・香道具①・匂箱・払箱・眉作箱・爪切箱・昆布箱・歯黒箱・小櫛箱・渡金箱・鏡台・姿見鏡・耳盥・漱椀・盥・湯桶・手拭掛・鏡建(小)・鏡家・角盥・かもじ箱・香道具②・櫛台

関連リンク

叢梨地牡丹唐草向鶴紋散蒔絵調度チェックした作品をもとに関連する作品を探す

黒漆塗雪薄竹に雀紋桜枝散蒔絵厨子棚
山水蒔絵十種香道具
村梨子地長春唐草御紋ちらし御化粧箱
金銀調度類
丁子唐草源氏蒔絵沈箱・香道具箱
ページトップへ