村梨子地長春唐草御紋ちらし御化粧箱 むらなししじちょうしゅんからくさごもんちらしおけしょうばこ

工芸 / 日本 

木製
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

金や銀の粉を濃淡をつけてまだらにまいた地に、金銀の蒔絵で唐草風に長春花(薔薇)をめぐらし、葵紋をちらした華やかな化粧箱。旧高松藩領庄屋家の所蔵していたもので、大小3合の箱をひと揃いとするが、内におさめる道具などは付属せず、詳しい用途は不明である。一番大きな、浅い長方形の箱を二段重ねとする箱の中には、小さな刀子などが納められていたようで、爪切箱の可能性もあろうか。大名家の女子が所有した豪壮な化粧道具の伝統を受けつぐものである。

作品所在地の地図

関連リンク

村梨子地長春唐草御紋ちらし御化粧箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
梨子地九曜紋散松橘蒔絵大角赤手箱
叢梨地牡丹唐草向鶴紋散蒔絵調度
網代柳橋蒔絵文庫(編地柳橋四ツ目紋蒔絵文庫)
葵紋散螺鈿黄金造飾太刀拵
ページトップへ