存清硯箱(葵紋水滴) ぞんせいすずりばこ(あおいもんすいてき)

漆工 / 江戸 / 香川県 

藤川黒斎〈初代) (1816~1885)
ふじかわこくさい(しょだい)
香川県高松市
江戸時代末期/19世紀
漆器
26.0×17.5×18.3
1
香川県高松市
葵紋水滴・金具付、箱書「安政五戌午年十一月」
香川県立ミュージアム

箪笥型の硯箱には花鳥山水を描く。上段に硯が入り、下の引き出しに文房具を納める。安政5年(1858)文綺堂藤川黒斉により制作された。国斉は讃岐漆芸玉楮象谷の弟で広く実用の漆器を制作したが、本硯箱には六つ葉葵型の水滴が付属し摘み金具に三つ葉葵紋が表されることから、高松松平家所用のものであった可能性が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

存清硯箱(葵紋水滴)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

金梨地葵紋花生蒔絵硯箱
金梨地葵紋花生蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

黒漆塗葵紋杏葉紋散重箱
叢梨地葵紋蒔絵硯箱
叢梨地葵紋蒔絵硯箱

西条藩松平家伝来

堆黒忘貝香合(写し)
狭貫彫堆黒松ヶ浦香合(忘貝香合)隠し彫「松」「波」「天」(象谷作/嘉永四年三月上納)
ページトップへ